スタッフブログ

大掃除に役立つ窓拭きのコツ♪

12月に入り、大掃除をそろそろ始めようとされている方も多いかと思います。

我が家も家中掃除しなければいけないところだらけで、どこから手をつけようか・・・。

取り敢えず、毎年するのが、YouTubeで大掃除動画を見て自分のモチベーションをあげます!

見ただけで大掃除した気になって満足してしまうことも・・・

今日は最近仕入れた窓ふきのコツを共有したいと思います。

①ガラスではなくタオルにスプレーをする

窓に直接スプレーすると洗剤が垂れて跡になったり、うまくふき取れずムラになる原因になるのでタオルや、雑巾に吹きつけて掃除する。

 

②最初からすべての窓に洗剤をつけるのはNG

いっぺんに複数の窓に洗剤をつけると拭き取る前に乾いてしまい、跡が残りやすいので窓ガラス1枚ごとにして、洗剤が乾く前に素早く拭き取るようにする。

③短い時間でなるべく素早く

取り掛かったら時間をかけずに終わらせられるよう、作業の手順を考え準備しておく。

水で濡らした窓が再度乾いてしまうと、洗剤や砂、ホコリなどが窓にこびりつき、落としにくくなってしま窓ガラス掃除のコツは、短い時間で済ませること。

④日中を避けて掃除する方が良い

日が高くなるとポカポカ暖かく気持ちがよいのですが、窓ガラス掃除には適さないと。

濡らしても乾燥するスピードが早く、拭き跡が残りやすくなります。

光の反射で汚れも見逃しやすくなる。窓ガラスの掃除に向いているのは、実は曇りや雨上がりの日。

湿度が高めで、ガラスの汚れが浮き上がりやすいからだそうです。

⑤掃除の順番は窓サッシ→窓ガラス→網戸

窓ガラスの掃除は、汚れの多い順に、窓サッシ→窓ガラス→網戸で行います。ガラス

から掃除してしまうと、外側の汚れが目立ってしまい、掃除し残してしまうからです。

 

知らなかった~!!と思った事がたくさんありました!

是非参考にしてみてください!!

 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

㈱ワカバヤシ 本社↓↓      鶴ヶ峰支店↓↓

ページトップへ戻る