スタッフブログ

質のいい睡眠のために

 人生の約3分の1は眠っているという私たち。

だからこそ眠りの質にはこだわりたいものです。

快適な眠りを得ることで心身ともにリフレッシュすることが出来ます。

そこで今回は眠りの質を高める環境作りについてご紹介いたします。

中高年に多い睡眠の悩み

厚生労働省の調べによると日本人の5人に1人は睡眠時に何らかの障害をかかえているとされ、

「不眠」は生活習慣病の1つと言われています。

50歳以上を対象としたアンケートでは、眠りについて悩みが”ある”と答えた人は7割にも達しています。

具体的な悩みとしては・・・・

・何度も目が覚める

・朝起きた時に疲れが残っている など

ソース画像を表示

適切な睡眠時間は個人で異なり長く眠ればいいという事ではありませんが

質のいい睡眠をとる事が理想であり、疲労回復やリラックス効果につながります。

良い睡眠は環境の改善から

寝室のリフォームは水廻りなどに比べて後回しにされがちですが、人生の3分の1を過ごす寝室は

心と身体を整える大切な場所です。

照明や温度、服装といった睡眠時の環境は眠りの質に大きく関係しており、睡眠環境の質を整えることで

眠りの質が向上します。

特に光と音は重要です。

うるさかったり明るかったりすると脳が刺激されて中々寝付くことが出来ません。

フットライトなどの間接照明を活用したり、スピーカー付きシーリングライトを採用するなど心地よく眠るための

快適な空間作りへぜひ役立ててください♪

照明器具(シーリングライト・デスクスタンドなど)

ソース画像を表示

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

㈱ワカバヤシ 本社↓↓      鶴ヶ峰支店↓↓

ページトップへ戻る