スタッフブログ

浴衣はおしゃれ着ではなかった!?

この季節近所を歩いていると浴衣姿の子たちをチラホラと見かけることがあります。

コロナ禍でイベントなど減ってはいますが、こうした姿を見ると夏を感じていいですね(^^)/

今はお祭りや花火大会などのイベントに浴衣を着ることがほとんどですが、浴衣が作られた平安時代は貴族がお風呂に入る時に着る着衣として使われていました。

その当時の名称は「湯帷子(ゆかたびら)」

ゆかたびらの「ゆかた」を取ったことが語源になっていると考えられます。

お風呂に入るといえば現在のように湯船につかることではなく、蒸気を浴びる「蒸し風呂」のことを指していました。

当時のお風呂で浴衣は、裸を隠すための用途と火傷防止、汗取りの用途で着られていたそうです。

その後、時代が変わり安土桃山時代になると、浴衣はお風呂上がりに着る湯上がり着や寝間着として着られるようになりました。

江戸時代に入ると、浴衣の用途はさらに変わっていきました。
それまで下着として使われていた浴衣でしたが、江戸時代中期になると街で着る人が増え、

こうした流れによって、次第に浴衣は外出着へと変化していき、現代では完全に外出着として認識されるようになったそうです。

今ではレースがついているデザインの浴衣など多くなり、オシャレ着として変化してきている浴衣。

鮮やかな色や柄で見る人を楽しませてくれます(^^♪

 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

㈱ワカバヤシ 本社↓↓      鶴ヶ峰支店↓↓

ページトップへ戻る