スタッフブログ

サーモンにハマる。

皆様こんにちは(^^)/

最近サーモンにドハマりして毎日食べてます。

マリネとかお刺身とかスモークとかトラウトとか・・・

とにかく種類が多いサーモン。

毎日食べている割に何も知らないので調べてみました(笑)

まず「鮭」と「サーモン」の違いって知ってますか??

ズバリ”食べ方”と”育ち方”にあるんです!!

鮭は煮たり焼いたり、火を通して食べますが、

サーモンはお寿司・お刺身など生のまま食べます。

天然物を鮭とし、生食用に養殖した鮭をサーモンと呼んでいます。

〇鮭とは

そもそも鮭と呼ばれている魚も、元はたくさんいる鱒の一種にすぎなかったそうです。そして、数ある鱒の種類の中で最も大きい魚が、「鮭」と呼ばれるように。つまり、鮭と鱒は同じ種類の魚なのですね。 そして鮭とは、川で産卵して海に下る海水魚のことを言います。鮭は国産のものが多く、天然モノで加熱して食べるもののことを指すのだそうです。ちなみにスーパーで一般的に見かける鮭は、シロザケという種類であることが多いです。
 
 

〇サーモンとは

次に、一般的にサーモンと呼ばれているものは、正式にはトラウトサーモンのことを指すそうです。トラウトとは鱒のことで、トラウトサーモンは鮭とは違ってニジマスなどと同じ淡水魚なのだとか。お寿司屋さんでサーモンを頼んだ時に出てくるのは、このトラウトサーモンです。 サーモンは鮭と違って海外からの輸入品が多く、また鮭は生食することができず加熱してから食べますが、サーモンは生食できるという違いもあります。
 

〇白鮭

私達が一般的に「鮭」と聞いて思い浮かべるのは、この白鮭です。地方によってはトキシラズやアキアジと呼ばれることも。国内では北海道や三陸、海外ではロシアやアラスカ、カナダで多く収獲されています。淡いオレンジ色の身が特徴です。
 

〇銀鮭

銀鮭は養殖のものがほとんどで、天然物はほとんど水揚げされないそうです。他の鮭と違って成長スピードが速いこともあり、放流よりも海での養殖に向いています。国内では宮城県で多く養殖されており、海外ではチリ産のものが日本にも多く輸入されています。スーパーなどでは塩鮭として親しまれている品種で、身はオレンジ色で、脂肪分が高く、柔らかいのが特徴です。
 

〇紅鮭

紅鮭も国内の天然物はほとんど出回らず、ロシアやアラスカからの輸入品が多いようです。身は他の鮭よりも濃い紅色で、肉厚なのが特徴です。 ちなみに燻製や塩鮭として売られているのは、この紅鮭が多いそうですよ。
 
同じ魚だと思っていたサーモンと鮭、
じつは何種類にも分類されていたんですね。
サーモンとは、鮭を英語訳したものと思っていた方も多かったのではないでしょうか??
ご家族やご友人にご存じない方もいらっしゃるかず。
 
鮭やサーモンが食卓に登場した際には、ぜひこの豆知識を披露してみてくださいね。きっと、へぇ~!物知りだね~!とびっくりされると思いますよ(^^)/

 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

ページトップへ戻る