スタッフブログ

乾燥対策

室内の乾燥が気になるこれからの季節。

冬になる今まで以上にコロナの感染を心配している方も多いと思います。

これまでも手洗い、うがいなど徹底して気を付けてきましたが、これからの冬もより徹底して対策したいですね。

会話や、咳などの飛沫は部屋が乾燥していると小さい微粒子になるため、拡散しやすいとのこと。

逆に湿度が高すぎると飛沫は下に落ちるそう。

飛沫の拡散をなるべく防ぐには、部屋の湿度は60%程度にしておくのが適切とのことです。

湿度が低い時には、なるべく大声で話さない・換気するなどの感染対策を行いつつ、加湿器などを使って湿度を上げるようにすると良さそうです。

自宅でも、職場でも加湿器を可動させています。

逆に湿度が高すぎると飛沫は下に落ちるそう。

なので湿度が高い時はテーブルなど、手が触れる場所をアルコールで消毒する回数を増やすなどの対策を取るのがいいのだそうです。

それぞれ自分にできる対策をとってこれからの季節も乗り切りましょう♪

ページトップへ戻る