スタッフブログ

これからの季節に使える!超便利な掃除の裏技♪

ソース画像を表示

もうすぐ大掃除の季節がやってきますね~((+_+))

なかなかキレイに落ちない、水回りや網戸などの頑固な汚れ。

掃除のプロが実践している、意外なものを使ったお掃除の裏ワザを3つご紹介します。

① 水回りの頑固な汚れには接着剤

なかなか落ちない“頑固な水回りの汚れ”は、「木工用接着剤」を使うことで簡単に落とすことができます。

木工用接着剤で掃除する方法

 

ソース画像を表示

汚れを覆うように接着剤を塗って、およそ1日かけて乾かしましょう。

「金属など木製以外の素材には接着しにくい」という、木工用接着剤の性質を利用した掃除の方法です。

水回りの頑固な汚れだけでなく、上履きの底やボールなどについた汚れも、

木工用接着剤を塗って乾いたら剥がすだけで、簡単に落とすことができます。

換気扇掃除に応用!

ソース画像を表示

木工用接着剤を使った掃除方法は、換気扇の油汚れの掃除に応用することができます。

その方法とは、あらかじめ換気扇の羽に木工用接着剤を塗っておくだけでOK。

換気扇の掃除にも木工用接着剤

掃除の時に、接着剤ごと剥がすだけで、油汚れを簡単に取ることができます。

 

② カーペットにはゴム手袋

カーペットの毛の奥に入り込んでしまった汚れ。掃除機やコロコロを使ってもなかなか取れませんが、

「ゴム手袋」を使えば、簡単に落とすことができます。

ゴム手袋を手にはめ、カーペットの汚れを絡め取るようにかき集めるだけで、

溜まっていたホコリやごみを取り除くことができます。

 

ゴム手袋でカーペットの掃除
ソース画像を表示

掃除機やコロコロは、カーペットの表面にあるごみしか取れません。

一方ゴム手袋は、カーペットの毛の奥にあるごみがゴム手袋に引っかかるため、

毛の奥までしっかり掃除することができます。

 

シール剥がしにも活躍

ソース画像を表示

ゴム手袋は、剥がし残しのシールをキレイに取りたい時にも役立ちます。

手袋の指先部分に、スプーンを入れましょう。

そして、スプーンの入ったゴム手袋の部分に水をつけ、シール跡の表面を水で湿らせます

あとは、スプーンの背中部分で軽くこするだけ。

シール跡やシールのベタベタを簡単に落とすことができます。

 

③ 網戸の汚れにはホコリ取り

なかなか落ちない網戸についた汚れを落とすのに便利なのは

、「洋服のホコリ取り(洋服のホコリを取るブラシ)」です。

ブラシで網戸の網目をこするだけで、みるみる汚れが消えて綺麗になります。

ソース画像を表示

普通のブラシは、毛がまっすぐに生えています。そのため、

網戸を普通のブラシでこすっても、毛が倒れて汚れが取れません。

しかし、洋服のホコリ取りの毛は、普通のブラシと違って毛が寝ているような状態で生えています。

そのため、毛先が網目の汚れに引っかかり、中に入り込んだ汚れをかき出すことで、あっという間に網戸を綺麗にすることができます。

意外なグッズを使うプロの掃除テク(^^)/

驚くほど簡単にキレイにすることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

ページトップへ戻る