入浴用石鹸-固形派?液体派?

お風呂で身体を洗うのに使う「石鹸」。昔は固形石鹸が一般的でしたが、最近ではボディーソープなどの液体石鹼や、泡で出てくるタイプの

ソープを利用する人も増えてきました。

ちなみに我が家は固形派と液体派がいるので両方とも置いています。

個人的には固形派は安いけど液体ソープのほうが使いやすい・・・と感じ液体ソープを使っています。

固形石鹸と液体石鹸はどう違うのでしょうか?

 

〇固形石鹸・・・原料/油脂+脂肪酸ナトリウム

液体に比べ洗浄力に優れ、比較的肌に低刺激なため、手洗いや洗顔用途に適していますが、近年では「泡立てやすく、すすぎやすい」

液体の需要が多いようです。固形の利点を活かし、おしゃれな色の石鹸があります。

〇液体石鹸・・・原料/油脂+脂肪酸カリウム

液状を保つため、純石鹸分の比率が全体の3割程度と少なめで、固形に比べると洗浄力が落ちるといわれています。

ただし、石鹸はしっかりと泡立てたほうが汚れが落ちやすいので、短時間でたっぷりと泡立つ液体石鹸のほうが汚れが落ちやすい場合もあるようです。

 

固形石鹸の主成分「ナトリウム」と液体石鹸の主成分「カリウム」が肌に与える影響の違いは殆どないといわれています。

石鹸の使用感は他の配合成分などによっても変わるので、価格や利便性だけでなく、どのような成分が配合されているかを確かめ、自分の肌や

ライフスタイルに合った石鹸を選ぶのがよいようですね(^^♪

 

お家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

㈱ワカバヤシ 本社↓↓      鶴ヶ峰支店↓↓

ページトップへ戻る