雨の日の紫陽花

色々なところで紫陽花が綺麗に咲いていますね♪

雨の日の外出は、雨の日の紫陽花は魅力が増しとても癒されます。

 

紫陽花はピンクや青、紫と土壌の性質によって異なる色合いとなっているそう。

どの色もハッキリとした色合いではなく、ぼんやりとした淡い色合いが多いですが、

この淡い色合いだからこそ雨が似合うのかも知れません。

ところで『紫陽花』という名前の由来はご存じですか?

あじさいを漢字で書くと『紫陽花』ですが、この“あじさい”という名前は、一説には『真の藍色の花が集まり咲くこと』という意味から、

漢字の『集(あず)真(さ)藍(あい)』に由来しているといわれています。(諸説あります。)

また、あじさいの学名は『ハイドランジア(Hydrangea)』といい、 これはギリシア語の“水の器”、

つまり『多量の水を吸収する植物』という意味から来ているそうです。

この梅雨の時期にぴったりの花ということですね!

気持ちが沈んだ梅雨の時期にほっこりとさせてくれる存在です。

 

家の事なら何でもご相談ください♬

下記のLINE公式カウントにてお気軽にお問合せ頂けます!

画像をクリックしてください☆彡

ページトップへ戻る